白髪の原因がシャンプーにあるって本当??

白髪の原因がシャンプーにあるって本当??

Q、最近白髪が目立ってきて困っています。シャンプーが白髪の原因になると聞いたのですが、本当にそんな事があるのでしょうか??白髪の原因ってどんなものがあるのですか?

 

A、結論から言えば、シャンプーが白髪の原因になる事はありえます。
白髪の原因を大きく分けると6つに分けられます。

 

◯加齢によるもの
◯遺伝によるもの
◯ストレス、ホルモンバランスの乱れ
◯栄養が不足している
◯生活習慣によるもの
◯シャンプーなどのヘアケア製品によるもの

 

です。

 

加齢による白髪は過酸化水素の蓄積、そして成長ホルモンの分泌量が減少する為に起こります。
白金ナノコロイドやビタミンCなどを摂取したりする事で加齢による白髪対策をする事も出来るんです。
30代が白髪発生の平均年齢とされているのですが、加齢による白髪は個人差がかなり大きいものなんですよ。

 

そして白髪は遺伝するので、若白髪や子どもの白髪などは遺伝性の場合が高いんです。

 

さらに強いストレスがかかる事で活性酸素がメラノサイトの活動を抑制してしまい、白髪が増えてしまう事があります。

 

妊娠や出産などでホルモンバランスが乱れる事も白髪の原因に。この時期は白髪の防止に必要な栄養素が胎児に多く使われてしまう事、妊娠、出産などの環境の変化がストレスとなり、結果白髪に繋がってしまうなど、いろいろ原因があります。

 

喫煙は過酸化水素を分解してくれるビタミンCを破壊してしまうので白髪の原因となります。
強い紫外線を受ける事も色素幹細胞を破壊するので白髪が増える可能性が高まり、睡眠不足で髪の毛の成長が促されない状態が続くことも白髪の原因となります。

 

そしてシャンプーやコンディショナー、ヘアスプレーなどに白髪の原因となる過酸化水素が含まれている場合があり、それによって白髪を引き起こしてしまう事があります。

 

このように、白髪の原因は遺伝や加齢などだけでなく外的要因や生活習慣なども大きく関わっているんですよね。

 

特にシャンプーは毎日直接髪に接するものなので、選び方には注意が必要なんです。

 

白髪を改善したいならシャンプーを変えてみませんか?